加守田太郎 イメージ

加守田章二を父にもち、轆轤を使わず手びねりで個性あふれる作品を制作しています。作風の一つである釉薬を筆で塗る技法は、色彩に濃淡が出て、緩やかな形を更に美しさを表現しています。

加守田太郎

SOLD OUT

SOLD OUT

SOLD OUT