益子焼工房

主な製造場所のご紹介

 

ロクロ場

釉 場

窯 場

登り窯

益子焼の製造工程

1. 土練り

益子焼協同組合で精製したブロック状の粘土を土練機(どれんき)という機械に通し、水を加えながら固さを調整します。
昔、つかもとでも原土から粘土を作っていました。

菊練り
土練機から出した後、成形前に手で揉み、粘土の中の空気を抜きながら固さを均一にする作業です。 その形が菊の花に見えることからそう呼ばれています。

2. 成形 <ロクロ場>

成形方法には、電動ロクロを使う「ロクロ成形」、石膏型を使う「型成形」、 粘土を板状にして作る「たたら成形」などがあります。
職人さんは、小さなものから大きなものまで、同じものを同じ大きさ・形で、何個でも作れます。
成形に使う様々な道具がありますが、ほとんどが手作りです。

▲輪花や片口などの口辺を変化させるものはこの時行います

削り・仕上げ
成形後2~3日経ってから、ロクロにのせた湿台(しった)と呼ばれる粘土で作った台に、ひっくり返した器をのせ、底部分、高台(こうだい)をカンナと呼ばれる鉄製の道具で削り出します。
カップの取っ手は削りの後につけます。
取っ手の大きさやバランスで持ちやすさが決まります。

3. 装飾<ロクロ場>

削りの後の器がまだ乾かないうちに模様付けする作業で、いろいろな技法があります。

▲「刷毛目」の完成品

泥掛け

白い粘土や鉄分の多い黄土と呼ばれる土を泥漿にしたものを、ひしゃくで生地に流しながら掛けたり、浸して掛けたりする作業です。

刷毛目

刷毛や藁の穂先を束ねて太い筆状にした「みご刷毛」と呼ばれる道具を使い器に模様を施します。主に鉄分を多く含んだ赤土を使った器に使う技法です。

櫛目、線彫、彫画

器に櫛、釘、カキベラなどを使って模様をつける技法です。写真は櫛目。

面取り

ロクロ成形の時に器を厚めに作っておき、包丁等の道具で側面を削ぎ落とし、面をつける技法です。

4. 乾燥<ロクロ場>

器の大きさによって乾燥の日数は異なりますが、小さい物は早くて3、4日、 大きい物になると1ヶ月以上かけてゆっくり乾かす物もあります。天日干しする時もあります

5. 素焼き

素焼き専用のガス窯に乾燥した器を詰めます。乾燥後の器は欠けやすいため、窯詰めは慎重に行います。窯詰が終わったら8~9時間かけて700~800℃の温度で焼き上げます。素焼きの目的は焼くことで施釉など後の作業をしやすくするところにあります。

6. 施釉 <釉場>

釉掛け(くすりがけ)ともいい、以下の様々な技法があります。

・・・その前に
※「釉薬」とは、石や土・鉱物、草や木・藁などの灰を調合し、水を加えて擦ったものです。
※素焼きした生地にホコリがあると施釉の妨げになるため、ハタキを使って事前にホコリを落としておきます。

下絵つけ

鉄やコバルト等の鉱物を擦った顔料で筆を使って草・花・動物などの様々な模様を描きます。

筒抜き(イッチン描き)

筆とは違った趣を得るため、釉薬を入れたスポイトを使って模様を描きます。

吹きつけ

霧吹きやエアコンプレッサーを使って、薄めた釉薬を生地に吹き掛けます。

7. 上絵付け(赤絵)

本焼きされた器に赤や黄・緑に発色する顔料を筆で絵付けしていきます。
絵付け後、電気窯で800度位の温度で焼き上げます。
※中国では赤絵、色絵の器はおめでたい席で縁起物として使われます。

8. 窯詰め <窯場>

施釉した器を本焼成のため窯に詰めていきます。
棚積みとサヤ積みの方法があり、皿類は主に丸いサヤに入れ重ねて詰め、それ以外は棚に詰めていきます。

「サヤ」とは… 陶器を本焼きする際、効率よく窯に重ねて入れるための補助具で、耐火粘土の加工品です。(写真:右)
窯にはガス窯や電気窯、薪を燃料にした穴窯、登り窯などがあります。
現在ではガス窯が主流で台車式になっており、陶器の出し入れがスムーズに出来ます。

9. 本焼成

約24時間かけて1260~1280度位で焼き上げます。 1200度位から釉薬が溶け始め、冷める段階でガラス化します。焼き方には大きく分けて2通りあります。
酸素を多く供給して焼く酸化焼成と、酸素を一定時間少なくして焼く還元焼成があり、釉薬の種類や特性によって焼き方も変えます。

10. 窯出し・検品

およそ焼成と同じ位の時間をかけて冷まし、窯から台車を引き出します。 毎回々々、緊張の一瞬でもあり、楽しみでもあります。 その後、割れや歪み・キズ等がないかを調べ、器を使う際テーブルなどに傷がつかないように高台を研磨します。 そして出荷されます。 成形から数えて、1ヶ月から1ヵ月半かかってやっとお店に並びます。