会社案内

会社概要

会社名
株式会社つかもと
設 立
1947年(昭和22年)2月
代表者
代表取締役 塚本純子
資本金
3,000万円
事業内容
陶器製造・販売、レストラン事業、観光事業、不動産賃貸業
取扱商品カタログはコチラ
本 社
栃木県芳賀郡益子町益子4264
TEL 0285-72-3223 FAX 0285-72-1139

沿革

1864(元治元)年
塚本利平 現在地に築窯・創業す
1947(昭和22)年
有限会社塚本製陶所と組織を変更
1957(昭和32)年
横川駅・駅弁容器(釜)製造着手
1958(昭和33)年
港区六本木に東京出張所を開設
1963(昭和38)年
渋谷区富ヶ谷に東京出張所を移転し、東京店開店
1966(昭和41)年
創業100周年を記念して、第二工場を新設
1973(昭和48)年
奥日光・南間ホテルを移築し、益子南間荘(旅館・100名収容)を開業(~1986)
1976(昭和51)年
福岡市西区に九州店を開店(〜2012)
1977(昭和52)年
玉川高島屋に出店
(〜2015)
1979(昭和54)年
陶芸広場つかもと を開店(〜2014)
1984(昭和59)年
レストハウスつかもと (現在の作家館)を新設
1986(昭和61)年
江戸川区臨海町に自社ビルを建築し、東京店を移転(~2001)
1987(昭和62)年
「株式会社つかもと」と組織を変更 ショッピングプラザつかもと を新設
1988(昭和63)年
福岡市城南区に自社ビルを建築 九州店を移転(~2005)
1993(平成05)年
江戸川区南葛西に自社ビル建築
1994(平成06)年
益子南間荘を平成館と改称し、食事処としてオープン(〜2014)
1998(平成10)年
作家館に、つかもとギャラリーを開設
2004(平成16)年
創業140周年を記念して、つかもと美術記念館を開館
2013(平成25)年
迎賓館を改装し、「蕎麦処つかもと」をオープン

芹沢銈介先生と弊社との縁

株式会社つかもとの現在のロゴマークを制作した芹沢銈介先生(重要無形文化財保持者・人間国宝)は、日本を代表する染色工芸の巨匠として内外に広く知られた作家です。
芹沢先生は明治28年に静岡市に生まれ、東京高等工業学校図案科にて印刷図案を専攻し卒業後、民藝運動を提唱した柳宗悦の著した『工藝の道』を読み、日本民藝館で展示された沖縄の紅型を見ることを契機に型染めの道に進み、民藝運動に参加し同人として優れた作品を数多く発表し、内外の賞を受賞するなどの多くの功績を残しました。
弊社には、益子に居を移し作陶を続けた民藝運動を代表する濱田庄司先生(重要無形文化財保持者・人間国宝)を介されて、何度か足を運ばれ、それがご縁でロゴタイプの制作をお引き受けいただいた経緯がございます。
益子の地で製陶業を営み歴史を重ねてまいりました弊社にとって、このロゴマークは進取の気概を持ち伝統を受け継ぐという理念を象徴するものとして、守り伝えたい大切なものです。

採用情報はこちら

ページの先頭へ戻る