宮澤章 イメージ

手びねりで土を積み重ね、焼けた肌を剥がし磨くオリジナル技法「積化象嵌(せっかぞうがん)」を編み出し、独自のカタチを模索し続けています。

宮澤章

NEW

NEW

NEW

NEW