島岡達三_塩釉縄文象嵌壷のイメージ

島岡達三_塩釉縄文象嵌壷

W270mm x D270mm x H280mm
塩釉は、師・濱田庄司が多くの作品を試みて一つの完成をみた釉技であり、島岡達三は、それを発展的に継承しました。この作品の特色は、縄文象嵌の意匠と結びついて、師匠の塩釉とは異なった端正な趣があることです。コバルトの青く美しい発色と相まって島岡の代表的な作品といえます。
気になる点がございましたら、お問い合わせよりお気軽にご相談ください。

最近チェックした商品
  • 島岡達三_塩釉縄文象嵌壷 イメージ